ウェビナーとは?

ウェビナーとは…

ウェビナーとは、視覚的な刺激があり、出席者を惹きつける双方向のイベントです。豊富なデータが生成され、主催者と出席者がそれぞれ求める情報を楽しく便利な方法で入手できます。同時に、出席者にとっては主催者と交流できる場であり、主催者にとっては出席者が本当に求めているものを知る機会でもあります。

Webinerd working on a webinar

マーケターのためのツール

ウェビナーは、ブランドも出席者もさまざまなことをコントロールできるデジタルツールです。出席者は、ウェブサイトのウィンドウの最小化やサイズ変更、ライブまたはオンデマンドでのイベントへの出席、投票、アンケート、チャットを通した交流などをすべて、ソフトウェアやアプリケーションをダウンロードせずに実行できます。ブランドとプレゼンターは、コンソールをカスタマイズして統一されたカスタマーエクスペリエンスを実現できます。質問に答え、その場でコンテンツを調整し、オーディエンスがコンテンツにどれくらい集中しているかをリアルタイムで確認できます。

Webinerd social media

ライブデモ

ON24 Digital Experience Platformの実際の画面をご覧いただけます

登録する

ウェビナーの作成方法

ウェビナーは、魅力的かつインタラクティブで、データリッチなエクスペリエンスを提供することにより、本物の人間的なつながりを実現します。ウェビナーを始めるにあたっては、「1. オーディエンスを明確にする」、「2. トピックをブレインストーミングする」、「3.プレゼンテーション用コンテンツを作成する」、「4. 練習する」、「5. プレゼンテーションして分析する」、この5つの基本ステップが必要です。ON24は、貴社がこの基本ステップを活用して、ブランド化した独自のエクスペリエンスを創り出せるようサポートします。最新のウェビナープログラムを実施するための要素を「ウェビナーのベストプラクティス」でご紹介しています。毎月、新しいコンテンツが追加されますので、ぜひご覧ください。優れたウェビナーの作成方法を学ぶ >

ウェビナーは、魅力的かつインタラクティブで、データリッチなエクスペリエンスを提供することにより、本物の人間的なつながりを実現します。ウェビナーを始めるにあたっては、「1. オーディエンスを明確にする」、「2. トピックをブレインストーミングする」、「3.プレゼンテーション用コンテンツを作成する」、「4. 練習する」、「5. プレゼンテーションして分析する」、この5つの基本ステップが必要です。ON24は、貴社がこの基本ステップを活用して、ブランド化した独自のエクスペリエンスを創り出せるようサポートします。最新のウェビナープログラムを実施するための要素を「ウェビナーのベストプラクティス」でご紹介しています。毎月、新しいコンテンツが追加されますので、ぜひご覧ください。優れたウェビナーの作成方法を学ぶ >

ウェビナーのコンテンツの準備方法

準備の最初のステップは、どのようなオーディエンスにリーチするかを把握することです。購買サイクルの初期の段階か?終わり近くか?既に顧客になっているのか?その場合、求めているのは教育コンテンツか?ソートリーダーシップか?リーチしようとしているオーディエンスが確定したら、コンテンツの準備を始めます。ウェビナーのコンテンツは、会話が続くものにする必要があります。プレゼンテーションでスライドを使用する場合は、明るい色で読みやすいものにしましょう。また、プレゼンターが中心的存在となってイベントをリードしましょう。最後に、オーディエンスが質問したり参加したりする機会を必ず設けてください。ウェビナーのコンテンツは、会話のきっかけとなったときに最も効果を発揮しています。優れたウェビナーコンテンツの作成方法を学ぶ >

ウェビナーは常にライブか?

いいえ。ウェビナーはライブで行うこともできますが、疑似ライブやオンデマンドでも可能です。それぞれに特徴的なメリットがあります。ライブウェビナーは、オーディエンスにリアルタイムでエンゲージし、オーディエンスの行動を即座に分析できます。シミュライブウェビナーは、あらかじめウェビナーを録画しておき、それをプレゼンテーションしている間、オーディエンスにリアルタイムでエンゲージできます。後からライブモードに切り替え、ライブでさらに対話やエンゲージすることもできます。オンデマンドウェビナーは、ライブイベントをオンデマンドにしたものと事前録画したオンデマンドウェビナーがあります。オンデマンドにすると、オーディエンスは自分の都合に合わせてコンテンツを利用できます。また、イベントへのエンゲージメントを高め、より多くのデータを取得できます。オンデマンド戦略の基本を学ぶ >

準備の最初のステップは、どのようなオーディエンスにリーチするかを把握することです。購買サイクルの初期の段階か?終わり近くか?既に顧客になっているのか?その場合、求めているのは教育コンテンツか?ソートリーダーシップか?リーチしようとしているオーディエンスが確定したら、コンテンツの準備を始めます。ウェビナーのコンテンツは、会話が続くものにする必要があります。プレゼンテーションでスライドを使用する場合は、明るい色で読みやすいものにしましょう。また、プレゼンターが中心的存在となってイベントをリードしましょう。最後に、オーディエンスが質問したり参加したりする機会を必ず設けてください。ウェビナーのコンテンツは、会話のきっかけとなったときに最も効果を発揮しています。優れたウェビナーコンテンツの作成方法を学ぶ >

いいえ。ウェビナーはライブで行うこともできますが、疑似ライブやオンデマンドでも可能です。それぞれに特徴的なメリットがあります。ライブウェビナーは、オーディエンスにリアルタイムでエンゲージし、オーディエンスの行動を即座に分析できます。シミュライブウェビナーは、あらかじめウェビナーを録画しておき、それをプレゼンテーションしている間、オーディエンスにリアルタイムでエンゲージできます。後からライブモードに切り替え、ライブでさらに対話やエンゲージすることもできます。オンデマンドウェビナーは、ライブイベントをオンデマンドにしたものと事前録画したオンデマンドウェビナーがあります。オンデマンドにすると、オーディエンスは自分の都合に合わせてコンテンツを利用できます。また、イベントへのエンゲージメントを高め、より多くのデータを取得できます。オンデマンド戦略の基本を学ぶ >

ウェビナーの仕組み - プレゼンター向け

ウェビナーの仕組み - 出席者向け

その他のリソース