2022年B2Bにおける
デジタルエクスペリエンスの傾向

2020年と2021年、多くの企業が方針転換を余儀なくされました。顧客のニーズに対応するべく、対面でのカンファレンスやサミットからオンラインイベントやウェビナーを実施する必要性に迫られたのです。

その変化は果たして急激すぎたのでしょうか。顧客は画面越しのコミュニケーションに飽きているのでしょうか?

近年見られた傾向を振り返り、ウェビナーやオンラインイベントによるデジタルエクスペリエンスの全体像について、本レポートでまとめました。

<レポートでご紹介するポイント>

  • ウェビナーやオンラインイベントは継続的に参加者のエンゲージメントを維持できている
  • オンデマンドやパーソナライズされたコンテンツに対する視聴者の反応
  • 2021年を通してデジタルエクスペリエンスのパフォーマンスはどのようなものだったか

ぜひご一読いただき、貴社のマーケティングにお役立てください。

今すぐダウンロード