https://www.on24.co.jp/wp-content/uploads/2018/12/on24_console-resizes_20190131Thomson-Reuters.jpg

Thomson Reutersの低コストで自社サミットのリーチを73%拡大できた理由

73%

ライブイベントのわずか17%の低費用でバーチャルイベントのリーチを増大

53%

バーチャルサミットのコンバージョン率を促進

2,000

コンテンツの数

107

優れたセッションから創出された、MQLの総数

ABOUT Thomson Reuters

企業名:Thomson Reuters

本社:カナダ、オンタリオ州トロント

設立:2008年

従業員数:10,000名以上

公開:(NYSE:TRI)

 業界:マスメディア

Thomson Reutersは世界中のさまざまな業界にとって重要な情報を入手、処理、提供しています。Thomson CorporationによるReuters Groupの買収を受けて2008年に設立された同社は「The Answer Company」を目指し、どんな質問にも答えを提供する信頼できるマーケットリーダーになりました。

INTRODUCTION

自社を「The Answer Company」と位置づけるThomson Reutersは、世界に発信すべき多くの「答え」を持っています。実際にその数は非常に多く、イギリスで年1回開催されるリスク&コンプライアンスサミットには通常、主にロンドンに拠点を置くリスク&コンプライアンス業界から600名を超えるCレベルの参加者が出席しています。しかし、同社はより多くの答えをより多くの人に提供したいと考えていました。つまり、影響力は強いが高コストなライブサミットを他の場所で主催するか、参加者がオンラインでサミットに参加できる方法を見つける必要がありました。どちらの方法であっても、同社はライブサミットの成功をより幅広いオーディエンスに届ける必要がありました。

こうして、同社はその方法を模索し始めたのです。

同社が見つけたソリューションでは、サミットにシンプルな追加を行うことで、つまりON24を利用してバーチャルサミットをホストすることで、より多くの関心や幅広いオーディエンス、グローバルなリーチを引き出すことができました。

企業名:Thomson Reuters

本社:カナダ、オンタリオ州トロント

設立:2008年

従業員数:10,000名以上

公開:(NYSE:TRI)

 業界:マスメディア

Thomson Reutersは世界中のさまざまな業界にとって重要な情報を入手、処理、提供しています。Thomson CorporationによるReuters Groupの買収を受けて2008年に設立された同社は「The Answer Company」を目指し、どんな質問にも答えを提供する信頼できるマーケットリーダーになりました。

自社を「The Answer Company」と位置づけるThomson Reutersは、世界に発信すべき多くの「答え」を持っています。実際にその数は非常に多く、イギリスで年1回開催されるリスク&コンプライアンスサミットには通常、主にロンドンに拠点を置くリスク&コンプライアンス業界から600名を超えるCレベルの参加者が出席しています。しかし、同社はより多くの答えをより多くの人に提供したいと考えていました。つまり、影響力は強いが高コストなライブサミットを他の場所で主催するか、参加者がオンラインでサミットに参加できる方法を見つける必要がありました。どちらの方法であっても、同社はライブサミットの成功をより幅広いオーディエンスに届ける必要がありました。

こうして、同社はその方法を模索し始めたのです。

同社が見つけたソリューションでは、サミットにシンプルな追加を行うことで、つまりON24を利用してバーチャルサミットをホストすることで、より多くの関心や幅広いオーディエンス、グローバルなリーチを引き出すことができました。

SOLUTION

同社はON24を利用してデジタルサミットを開催し、コンテンツのリーチを拡大しました。デジタル出席者は、オフラインのリスク&コンプライアンスサミットと同じ外観、雰囲気、コンテンツを体験できましたが、空間、場所、時間の制限は一切ありませんでした。このサミットでは、専門家とのQ&Aチャットやブレイクアウトセッションで取り上げられたあらゆることについて、トピックをかなり詳しく議論しました。ON24が実現する柔軟性により、サミットに関する非常に大きな問題が軽減されました。つまり、ヨーロッパ本土にいるCレベルエグゼクティブが、出張せずにサミットに出席できるようになったのです。

オフラインイベントを収録し、バーチャル出席者向けのコンテンツを提供することで、対面イベントだけでは達成できなかった成果を実現しました。

 

同社はON24を利用してデジタルサミットを開催し、コンテンツのリーチを拡大しました。デジタル出席者は、オフラインのリスク&コンプライアンスサミットと同じ外観、雰囲気、コンテンツを体験できましたが、空間、場所、時間の制限は一切ありませんでした。このサミットでは、専門家とのQ&Aチャットやブレイクアウトセッションで取り上げられたあらゆることについて、トピックをかなり詳しく議論しました。ON24が実現する柔軟性により、サミットに関する非常に大きな問題が軽減されました。つまり、ヨーロッパ本土にいるCレベルエグゼクティブが、出張せずにサミットに出席できるようになったのです。

オフラインイベントを収録し、バーチャル出席者向けのコンテンツを提供することで、対面イベントだけでは達成できなかった成果を実現しました。

 

  • サミットのリーチを拡大 – サミットのリーチをヨーロッパ全土と、出張する時間的な余裕がない多くのCレベル関係者に拡大しました。
  • 関心をスコア化ON24 Intelligenceを活用して、同社は出席者の関心をスコア化しました。これは、MQLを促進し、セールス担当者にインサイトを提供して実用的なフォローアップを行うのに役立ちました。
  • オフラインイベントからより多くの価値を引き出す – オフラインイベントと組み合わせることで、同社のバーチャルサミットは比較的少ない労力でオフラインサミットの成功を引き継いでいます。しかも、常に出席者の期待に応えるか、期待を上回っており、満足度は90%に上っています。
  • オンラインへのシームレスな移行 – 同社はあらゆるプラットフォームで使いやすいイベントを維持しながら、オフラインイベントの雰囲気を維持したいと考えていました。

RESULTS

ON24を利用することで、同社はオフラインイベントまたはバーチャルイベント、あるいはその両方に参加した出席者とのさらなるエンゲージメントを促進し、素晴らしい成果を上げることができました。

マーケティングでの成功を称えて、Gramercy Instituteは、リスクとコンプライアンスのカテゴリーにおいてFinancial Content Marketing AwardをThomson Reutersに授与しました。

「サミットはソートリーダーシップと市場ポジショニングに関して非常にうまく機能しました。さらに、新たなリードを創出したり、現在のリードをスコア化したり、現在の顧客ベースとエンゲージすることもできました。」

MATTHEW ASHLEY氏
Thomson Reuters、マーケティングディレクター

Download the Story

find out more